TOP >> REM ROOMヘアースタイルとマフラーの関係性について

REMROOM

このREM ROOMは代表の菊池健治が情報を発信するコーナーです。

菊池 健治

菊池 健治KENJI KIKUCHI

twitter

出身地 岩手県北上市
中央理容美容専門学校卒

川崎の美容室にて8ヶ月でスタイリストデビュー
株式会社MIC (現 エムスラッシュ)に入社
入社3年目にトップスタイリストからディレクターに就任
数多くのセミナー、講習会を行い全店スタイリストの育成に長年携わる
その後、MICが設立より行ってきたドミナント戦略から外れる
ネームバリューがない地域への出店店舗の店長へ就任
その店舗を軌道に乗せ退社。29歳にREMを立ち上げる

趣味

サッカー(小6から高3までサッカー部に所属)、フットサル、釣り、スノーボード、
スキー(キャリアは30年くらい)、アイススケート、オートバイ(大型二輪免許取得)、車(サーキット走行)、etc. 、だったのですが、現在はまさかの無趣味。
料理は得意でかなり好きですが、ほぼ毎日しているので趣味というより生活です。笑
ほんと、仕事(サロンワーク限定!)だけが趣味の状態です。

得意なヘアースタイルや技術など

キャリア20数年、得意不得意の前に、出来ないことがある方が問題な年数に、笑
着付け以外は、ほぼ何でもやります!
ただし、極端に時間がかかり過ぎる技術は、他のお客様が出来なくなってしまうのでお断りしています。
と言いつつ以前頼まれ、ショートヘアーの方に毛糸をエクステにしてこんなヘアースタイル→を作ったことも(あくまでも特例です。笑)・・これは時間かかりました。

Information from Kikuchi

ヘアースタイルとマフラーの関係性について

2014.2.6 6:53 PM

菊池です。

 

今日も寒いですね、、と言う自分はお店の中にいるので全く寒くないのですが、、。笑

 

さてさて、今日のブログのタイトルは「ヘアースタイルとマフラーの関係性について」なんて言う大学の論文か?というもっともらしいタイトルなんですが(大学の論文がこんなものではないのは十分承知しています。笑)、順を追って説明していきます。

 

ロングヘアーの方はそこまで気にしなくても良いのですが、このシーズン、コートのえりが高くなったりマフラーをしたりする事によって目的地に着いてコートを脱ぎ、マフラーを外したら「あれ?朝ちゃんとしてきたはずの髪の毛が、ぜんぜん違う形になっている、、」なんて経験、特にミディアムヘアー方はあるのではないでしょうか?

 

これをなくすにはヘアースタイルによってマフラーの巻き方を気を付けなければいけないのです。

 

しかし、まずはマフラーの巻き方の前に、髪の毛が内巻きになったり外はねになったりするのは何故か?ということを知って置かないといけないので、そこから書いていきます。

 

内巻きにしたり外はねにしたりするのに皆さんがついつい間違えがちなのは、内巻きや外はねは毛先が重要と思っている方が多いのですが、実は根元の1cm、2cmのところが浮いているか?寝ているか?という事の方が重要なのです!

 

ドライヤーで乾かしている時、毛先がまだ濡れていても根元浮いていれば内巻き、根元が寝ていれば外はねになるぐらい毛先はさほど関係なく根元が大事なのです。

 

なのでマフラーを巻く時は、内巻きに仕上げている方はマフラーを髪の毛の内側に巻き、毛先をハネさせたり遊ばせたりする方は髪の毛の上から巻くという具合いにしてみると、目的地に着いてコートを脱いでマフラーをとっても、狙った形のままになっていると思いますよ。

カテゴリ:REM ROOM, スタッフブログ

  • トップ
  • コンセプト
  • 相模大野
  • プライベートサロン
  • スタッフ
  • リクルート
  • レムルーム
  • ブログ
  • コンタクト
  • リクルート。一緒にはたらいてみませんか。
  • スタッフブログ

記事一覧はこちら

コンタクト

神奈川、相模大野市にある美容室、ヘアーデザインレム、カット、パーマ、カラー、ヘアースタイル、スタイリスト、
美容院、イメージヘアー、キレイ、綺麗