TOP >> REM ROOMウィッグやカツラは、なぜ不自然なのか? パート2

REMROOM

このREM ROOMは代表の菊池健治が情報を発信するコーナーです。

菊池 健治

菊池 健治KENJI KIKUCHI

twitter

出身地 岩手県北上市
中央理容美容専門学校卒

川崎の美容室にて8ヶ月でスタイリストデビュー
株式会社MIC (現 エムスラッシュ)に入社
入社3年目にトップスタイリストからディレクターに就任
数多くのセミナー、講習会を行い全店スタイリストの育成に長年携わる
その後、MICが設立より行ってきたドミナント戦略から外れる
ネームバリューがない地域への出店店舗の店長へ就任
その店舗を軌道に乗せ退社。29歳にREMを立ち上げる

趣味

サッカー(小6から高3までサッカー部に所属)、フットサル、釣り、スノーボード、
スキー(キャリアは30年くらい)、アイススケート、オートバイ(大型二輪免許取得)、車(サーキット走行)、etc. 、だったのですが、現在はまさかの無趣味。
料理は得意でかなり好きですが、ほぼ毎日しているので趣味というより生活です。笑
ほんと、仕事(サロンワーク限定!)だけが趣味の状態です。

得意なヘアースタイルや技術など

キャリア20数年、得意不得意の前に、出来ないことがある方が問題な年数に、笑
着付け以外は、ほぼ何でもやります!
ただし、極端に時間がかかり過ぎる技術は、他のお客様が出来なくなってしまうのでお断りしています。
と言いつつ以前頼まれ、ショートヘアーの方に毛糸をエクステにしてこんなヘアースタイル→を作ったことも(あくまでも特例です。笑)・・これは時間かかりました。

Information from Kikuchi

ウィッグやカツラは、なぜ不自然なのか? パート2

2014.5.7 8:32 PM

以前、ウィッグやカツラは、なぜ不自然に見えるのか?について書き、続きはまた後日!っと言って、ずーっと書いていなかった菊池です。笑

 

 

さて、前回の書き終わりに、根本的な原因?理由?があると書いて締めくくったと思うのですが(既にうる覚え、、。笑)、それが何か?と言いますと、人にはあってウィッグやカツラにないもの、それは伸びかけの新生毛!

いわゆる遅れ毛ってやつです。

 

これがないので、とっても人工的で不自然に見えるのです!

 

 

逆に言うと安いウィッグやカツラでも、カットで遅れ毛っぽい感じに切ってやれば、本物の毛の様に馴染み、違和感のない自然な感じになるのです!

 

どのぐらい自然な感じかというと、外して置いてあると「そこに人がいるの?!気持ち悪い、、」と思ってしまうぐらいです。笑

 

 

 

自分の身内が、

がんセンターに通っていた時、医療用の高いウィッグを使っている方でも、やはり不自然な方

は不自然でした。

抗がん剤治療はお金がかかります、それに加え10何万もする高額なウィッグ(部分カツラでも、もっと高い物もあります)を用意するのは大変かと思います。

 やっかいな事にウィッグは、どんなに高い物でも使っているうちに抜けて薄くなっていく消耗品です。

 

尚更高額な物はもったいない気がします。

 

 

自分がお勧めするのは、フルウィッグでも8000円程度の物でアイロンが使える耐熱ファイバーの物が良いと思います。

 

そう、けっして人毛でなくても良いと思います。

 

 

相模大野、町田 近辺で(近辺でなくても良いのですが。笑)ウィッグのカットに関してご相談したい方は、レムの菊池までご連絡ください。

 

安いウィッグでも自分がカットすれば確実に良い物になります!

 

それと抗がん剤治療で髪が抜けた場合、普通のウィッグではゆるくなってしまいますが、その対処方法もお教え出来ますので、遠慮なくご相談ください。

 

カテゴリ:REM ROOM, スタッフブログ

  • トップ
  • コンセプト
  • 相模大野
  • プライベートサロン
  • スタッフ
  • リクルート
  • レムルーム
  • ブログ
  • コンタクト
  • リクルート。一緒にはたらいてみませんか。
  • スタッフブログ

記事一覧はこちら

コンタクト

神奈川、相模大野市にある美容室、ヘアーデザインレム、カット、パーマ、カラー、ヘアースタイル、スタイリスト、
美容院、イメージヘアー、キレイ、綺麗